アクチュアリーへの転職が人気


“アクチュアリーへ転職する人は増えてきております。まず、このアクチュアリーというものは保険計理人と直訳できます。あまりなじみがない言葉ですが企業が将来的に支払うお金を計算するということが主な仕事です。

歴史としてはアクチュアリーというものはイギリスの生命保険から始まりました。生命保険というものは保険料を支払い、亡くなった場合に保険料以上の保険金を支払うことになると倒産してしまうため注意が必要です。

アクチュアリーはこのような倒産する事態にならないようにきっちりとお金の計算をする仕事を行います。日本国内のアクチュアリー会員数は5000人を切っているため、とても人数が少なくなっております。そのため、需要がとてもあり転職するのにとてもお勧めです。日本で正会員になるためには試験に合格する必要があります。資格者がとても少ないのでとても需要がある仕事だということができます。アクチュアリーは生命保険や企業年金、信託銀行、官公庁といった場所で需要があります。高度なリスクマネジメントを行う職業ですので、様々な業種からアクチュアリーの需要が高まってきております。難易度も高く、求人数も少ないため年収が1000万円ほどととても多く、今まで行っている仕事よりも給料をアップさせたい人にはとてもお勧めで、転職のメリットの一つといえます。それぞれの専門の分野を極めていくため、キャリアアップをしやすく転職にもってこいの仕事だといえます。”