アクチュアリー転職のための基礎情報

“日本ではあまりなじみがない職業のアクチュアリー。和訳すると「保険計理人」で、企業の将来的な支出を計算する人のことをいいます。日本でも将来に備えて生命保険などに入る人が増えているため、将来この職業の需要は高まっていくことが見込めるため、転職の選択肢の一つに入れても良い職業でしょう。

日本でアクチュアリー資格を取得するためには、「日本アクチュアリー協会」の正会員になることが望ましいです。会員になるには毎年12月に協会が主催する資格試験に合格する必要があり、第1次試験(基礎)に合格した人が準会員、第2次試験(専門)に合格してプロフェッショナリズム研修を受けた人が晴れて正会員となれます。準会員のままでもアクチュアリー業務は行えますが、正会員を目指して勉学に励む人が多いです。

アクチュアリーに転職するにあたってもう一つ重要なのが、どういった分野に転職するのかを知ることです。主な職場は、企業年金や生命保険、損害保険などを扱う企業ですが、信託銀行や官公庁、外資系企業などでも需要があります。最近ではリスクマネジメントの観点から、これ以外の分野での活躍も徐々に広がりを見せているようです。

転職後の収入は、やはり需要が高いこともあり他の職業よりも高めになる傾向があります。また、仕事の特性上、特定の金融分野に特化していく人が多いのですが、それを利用して数々の会社を渡り歩いて実績を重ね、キャリアアップしていく人もいるようです。

他の職業よりも高度な数学・統計知識を求められるアクチュアリーは、楽に取れる資格ではありません。しかし、将来性のある職業だということを考えれば、一考の価値はあるのではないかと思われます。”

アクチュアリーに転職したいですか?

“アクチュアリーは英語で、Actuaryと書きますが、日本語ですと保険計理人となります。他にも保険経理士や、保険数理人と呼ばれています。具体的にどのような仕事なのかと言えば、簡単に言うと、将来的に企業が支払うお金に対しての計算という業務となります。

アクチュアリーはイギリスの生命保険から始まった物です。保険会社が保険金を支払う場合、加入をした方から集めた保険料から支払われますが、入って来る保険料よりも、支払わなければならない保険金が多くなってしまうと、保険会社は保険金を支払えません。そのような状態にならないように、支払わなければならない金額はどれぐらいになるだろうかを考えて、お金を事前に準備をしておかなければなりません。

アクチュアリーの仕事は、その準備しなければならないお金はどれぐらいかかるのかを計算するお仕事なのです。日本国内では日本アクチュアリー会と言う物があり、ほとんどのアクチュアリーはそこの会員になっています。ただ、正会員でなければアクチュアリーへの仕事が出来なかったり、転職が不可能という訳ではありません。

正会員になる為には試験をクリアしなければならないので難易度は高い物となっていますが、資格を持っている人が少ないという事は需要があると言っても良いかもしれません。

アクチュアリーへの転職をしたいと考えているならば、職場が何処になるのかは重要になると思います。生命保険、損害保険等の保険会社や企業年金でのお仕事が多いです。他にも、信託銀行や、官公庁でも必要とされています。ただ、リスクマネジメントの部分で、コンサルティング関係、資産運用等でも有効ですから、そのような業界に転職を考えてみても良いでしょう。一度、アクチュアリーとして働いた場合ですと、転職は比較的、簡単と言われています。”

数学が得意な人こそアクチュアリーへ転職がお勧め

“計算や数学が得意な人にお勧めの職業がアクチュアリーです。これは確立や統計の手法を利用して企業などのこれから支払うお金を予測するのが仕事です。そのため、難しい資格に5年や10年もの年月をかけて取得すると、保険会社などの中核になれる存在と変身することができます。アクチュアリーの資格取得に関しては会計や投資理論、数学や生保数理など幅広い種類の学習が必要です。

二次試験は実務も絡む試験が出るため、在学中での合格はとても難しいということができます。保険会社や年金関係の仕事に携わりながら勉強を行う人が多くいます。

膨大なデータを分析して、企業の経営に携わるアクチュアリーの仕事はとても責任が大きく、判断するためのわかりやすい説明も重要となります。そのため、数学と国語の両方が出来る必要があるため総合的な学習が必要になります。難易度が高い仕事ですので年収も30代で1000万円得ることができる人もいるため、給料面で好待遇を望んでいる人は転職を行うことがお勧めです。また、一度アクチュアリーという職業に就いて経験を積むことでキャリアアップがとてもしやすい環境ですので、民間の保険会社や外資系企業などに容易に転職ができます。様々な企業がアクチュアリーを引き抜きたいと思っており、一度就職すれば引っ張りだこになります。在学中でも資格取得はできるため、就職や転職に有利な資格ということができます。数学科にいる人は教師や研究者という仕事以外でも幅広い就職先や転職先として知られるようになっております。”